俳句と季語の毎日 2018-01-06 初夢

Voiced by Amazon Polly
Pocket

この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

新年の季語 初夢

元日の夜、または正月二日の夜に見る夢のことです。「一富士、二鷹、三なすび」がめでたい夢の順とされていて、よい夢を見ると、その年は幸運が授かるとされています。

今日の一句

初夢に吉の疑無かりけり 松瀬青々(まつせせいせい)
疑いが無いくらい縁起の良い夢だったと言い切っていますが、新年の季語なので、これくらい大げさに言ったほうが合っていますね。

参考

Pocket

お知らせ

この番組ではこの句集を取り上げて欲しいとか、一緒に俳句について話してもらえるゲスト希望の方も募集しています。ブログにフォームを用意してありますので投稿お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です