俳句と季語の毎日 2018-01-06 初夢

Voiced by Amazon Polly
この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

新年の季語 初夢

元日の夜、または正月二日の夜に見る夢のことです。「一富士、二鷹、三なすび」がめでたい夢の順とされていて、よい夢を見ると、その年は幸運が授かるとされています。

今日の一句

初夢に吉の疑無かりけり 松瀬青々(まつせせいせい)
疑いが無いくらい縁起の良い夢だったと言い切っていますが、新年の季語なので、これくらい大げさに言ったほうが合っていますね。

参考

Haiku 一日一句 2018-01-05 門松

Voiced by Amazon Polly
この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

新年の季語 門松

新年を祝って、戸口などに立てる松です。松飾とも言います。

今日の一句

日本一高き駅なり松飾 橋本美代子
日本一を持ってくることで、縁起物とも相性がいいですね。家などで日本一を使うと、どこか見栄をはっている様子も出てきてしまいますが、公共施設の駅を使うことでまとまっています。

参考

Haiku 一日一句 2018-01-04 仕事始

Voiced by Amazon Polly
この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

新年の季語 仕事始

新年になって初めて仕事に取りかかることです。

今日の一句

風の街見てゐる仕事始めかな 村沢夏風(むらさわかふう)

風の街と表現することで、街のなかでも色々な人が仕事を始めて動き出している様子が合っていますね。

参考

Haiku 一日一句 2018-01-03 去年今年

Voiced by Amazon Polly
この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

新年の季語 去年今年(こぞことし)

大晦日から一夜明けて元日になれば、昨日は去年となり、たった一日の違いで去年と今年になる、この新年に抱く時の流れの速さへの深い感慨をこめて、去年今年と表現します。

今日の一句

去年今年一擦りに噴くマッチの火 成田千空(なりたせんくう)
去年今年の速さがマッチの火と合っていますね。一瞬のことですが、マッチを擦るという動きをだすことで、瞬間ではなく流れがみえてるのもいいですね。

参考

Haiku 一日一句 2018-01-02 買初

Voiced by Amazon Polly
この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

新年の季語 買初(かいぞめ)

新年にはじめて物を買うことです。今は元日からやっている店も多いですが、昔は二日から商売を開始していたみたいです。

今日の一句

買初の小魚すこし猫のため 松本たかし
自分の物でなく猫にあげるために買初をすることで日常感が出ており、「買初」というめでたい言葉と「すこし」という言葉を使うことでギャップが生まれて句に深みが出ていますね。

参考

Haiku 一日一句 2018-01-01 初詣

Voiced by Amazon Polly
あけましておめでとうございます。
この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。
俳句では四季とは別に、新年という分類があり、これらは新年のうちに使える季語です。

新年の季語 初詣

元日に一年の息災を祈願するために神社仏閣にお参りすることです。

今日の一句

日本がここに集まる初詣 山口誓子
「日本が」と言い切ることで、人だけではなく文化といったものも、全てがここに集まっており、とても大きなものを表現していて新年のめでたさとも相まっていますね。

参考