Haiku 一日一句 2017-10-22 菌

この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

秋の季語 菌

菌と書いて”きのこ”と読みます。あとは、草冠に耳で茸とも読みます。椎茸や松茸、占地(しめじ)も俳句ではよく使われる季語です。

今日の一句

椎茸のぐいと曲がれる太き茎 林徹(はやしてつ)
とても力強い句ですね。確かに椎茸の茎の部分は「ぐい」と曲がっていて、それ以外の表現が考えられなくなるぐらいピッタリとハマった表現だなと思わせてくれる句です。

参考