Haiku 一日一句 2017-11-26 大根

この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

冬の季語 大根

俳句では三文字で「だいこ」と読むことも多いです。主に根っこの部分を食べますが、葉っぱの部分も食べますし、「すずしろ」とも呼ばれて春の七草にも入っていて、こちらは新年の季語です。

今日の一句

大根の甘さと雲の冷たさと 藤田湘子

大根の冬の季節に合わせて、味覚、視覚、触覚までも出てきている句ですね。大根の白さと雲の色も合っていますし、冷たさで句が引き締まっていますね。

参考

Haiku 一日一句 2017-10-14 団栗

この番組では、毎日その季節にあった俳句を一句取り上げていきます。

秋の季語 団栗

樫(かし)・楢(なら)・橅(ぶな)などの木の実の総称。厳密に言えば櫟(くぬぎ)の実のことを意味するらしいです。道を歩いていると落ちていることも多いので気づきやすい季語ですね。

今日の一句

団栗にうたれし孤独地獄かな 藤田湘子
リズムがしっかりしている句ですね。孤独と地獄が上手く韻を踏んでます。団栗という漢字にも書かれている団体の団という字が人の集まりの意味を持っていますが、それと反対の孤独という言葉を持ってきてきていて、広がりがでてきていると思います。

参考